芦ノ牧のラーメン激戦区【ばんげや食堂】も負けない美味しさ

ブログランキング

人気ブログランキング←押してもらえると嬉しいです!
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

この日は、大内宿でネギそばの予定でしたが山に登るにつれが…屋外観光には全く適さない天候と、お目当てのお店が休みに入っていたという、ダブルパンチを食らいました。

予定変更で、この日のランチに選んだのがこちら!じゃじゃじゃーん!

スポンサーリンク

最近は、外観写真を撮らずにズカズカ入っていこうとする私に、お供達が「写真!」と声を掛けてくれます。とてもありがたいです。笑

場所は、大戸で最寄り駅は芦ノ牧温泉駅になります。この辺は、牛乳屋食堂うえんで、と有名店が並びもう少し南へ行くと、ここ!【ばんげや食堂】さんがあります。

うえんでの記事はこちら→有名ラーメン店のすぐ近く【うえんで食堂】

この三店舗は場所が近すぎて、ラーメン激戦区です!観光の方は、できれば3店舗はしごしてほしいと思います。

どこもおいしいので一軒に絞るのは苦渋の選択、そして食べずに帰るのはもったいないです。メニューは会津ラーメンとチャーシューメンのみ!

スポンサーリンク

優柔不断なわたしには助かります!にこやかなおじさんが注文を聞きにきてくれたので迷うことなく、会津ラーメン550円チャーシューメン700円を頼みます。

お店は、夫婦と思われるふたりで営んでいます。カウンター、テーブル席1、座敷2テーブルとなっていて、わたしたちがお店に伺ったのが休日の12時ちょっと前でした。

お客さんは座敷に2組で、待つことなく席に座りらーめんもすぐに運ばれてきました。

シンプルな見た目ではありますが、メンマとほうれん草(写真だとわかめに見えますね。)が入っている分ワンコインから出た50円だな!と思いました。

スポンサーリンク

と語っていますが、そもそもを考えます。会津ではらーめんを500円で出すお店をけっこう見かけますが、らーめん一杯500円ってめちゃくちゃ安いですよね!?

会津に住んでいると感覚がマヒしてしまいそうですが、改めて考えてみるとビックリです。

透き通った黄金色に、微細なキラキラ油が素敵すぎます!このままスープをいただきます。見た目通りのシンプルさ!動物系スープの優しく温かみを感じるお味です。

スポンサーリンク

麺はけっこう縮れです!絡んだスープといっしょに、ちゅるちゅるっと入っていきます!「わー♡おいしい…♡」って感じです。伝わるかな…笑

温泉に入ったときみたいな!「わー♡」って心から出る感じ!今度からこの表現使おう!これなら伝わるでしょ!?

チャーシューはすごくラッキーな部分が当たりました!肉厚♡

味が濃い目のチャーシューです!チャーシューメンには緑のものがたっぷり…

これは、なんじゃ…

スポンサーリンク

正体は、レタスでした!わたしのラッキーチャーシューは特別肉厚でしたが、通常のチャーシューも肉厚ですね!

お供が頼んだものですが、味見をさせていただきます。レタスは刻んであるから、味がしみています。そして普通のラーメンと比べてスープが濃い。

チャーシューの味が濃いので、スープの濃さも増しています。めちゃくちゃ濃いわけではないので、おいしく頂けますよ!

スポンサーリンク

帰りには、カウンターまで埋まり満席状態!お客さんは並んで待っていました。大戸の激戦区のなかで一番有名なのは、牛乳屋食堂さんだと思います。

店名のインパクトとおいしさで、メディアに取り上げられることも多いことから、観光のお客さんも集まり行列ができます。

しかし、徒歩ですぐ行ける距離のうえんでさんもおいしいのは会津地元民の間では有名で、こちらも行列ができます。有名ラーメン店のすぐ近く【うえんで食堂】

そして、そこから少し南へ徒歩10分位いくと道路沿いにあるばんげや食堂さん。こちらは地元民でも知らないひとがやや多めかもしれません。

隠れた名店にギリギリ入るかな…という微妙なラインです。昔から根強いファンを持ち、南会津に仕事で行くときは必ずばんげやで食事をするというひとも聞いたことがあります。

一度食べたら虜にする魅惑のらーめん!是非、ばんげやで食べてみてください!

住所:福島県会津若松市大戸町上三寄大豆田716

電話:0242-92-2262

定休日:木曜日

座敷:あり

駐車場:あり

参考:食べログ

ばんげや食堂を食べログでみる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク