会津の〆は【SOBAL 310】のお蕎麦はいかが!?閉店

ブログランキング

人気ブログランキング←押してもらえると嬉しいです!
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

※このお店は閉店しました。

この日は2件はしご酒をし、〆の一杯をしに3件目に行きます!

一軒目の記事はこちら→名物かしら焼だけじゃない!【大統領】は酒が進む!

二軒目の記事はこちら→ワイワイ・ガヤガヤ【大衆酒場 K家】で飲み尽くせ!

3件目の行き先は、ずーっと気になっていたお店【SOBAL 310(ソバル サトウ)】さんです。

飲みの〆といえば、らーめんが定番ですが翌日の胃もたれに悩まされたり高血圧のひとやダイエット中のひとが朝、目覚めてから後悔するパターンも多いのではないかと思います。

『でも食べたい!』飲んだ後って、どうしても食べたくなっちゃうんですよね…翌朝の後悔を、何度もしているわたしです。

スポンサーリンク

しかし『せっかく楽しく飲んだんだもん!食べたい気持ちを我慢して帰るなんてしたくい!』と思う、酔っ払っているときの自分の気持ちも良く分かります。

飲んだ後は、食べたい気持ちを我慢して帰るか、食べたいなら食べるべきか、そんな2択の中間選択肢として現れたのが、お蕎麦を食べる!というチョイスです。

会津はラーメンだけではなく、おそばも有名なので観光の〆としても負けずのクオリティーを望めると思います。

居酒屋さんでお蕎麦を出しているお店もありますが、何件かはしごをしてからまた居酒屋さんに戻るというのもちょっとイメージが湧きませんよね。

スポンサーリンク

会津の飲み屋街にあるSOBAL 310はそばと餃子が有名なお店で、店名にBALと付くだけあって居酒屋さんとは違った雰囲気を味わえます。

場所は、朝日第一ビル裏です。ビルの表通りから小林写真館さんの方に入りビルの裏側に回って2階になります。外観はまたまた撮り忘れました。すみません。

店内に入るとバーの照明を明るくしたような雰囲気で、おしゃれです。時間は23時過ぎくらいだったと思います。女性客が一組!女子会にもぴったりな内観です。

カウンターの他に、テーブル席が2つありそちらに座りメニューを見ます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

単品で頼める食べ物メニューや、飲み放題もあるので一件目に行くのも良さそうですね。もちろん、コースで予約も楽しめそう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ここでも飲みます。おすすめメニューにあった日本酒 会津娘です。

このチーズも、多分おすすめメニューに載っていたやつだと思うのですがメニューを撮り忘れた他、メニュー名を覚えていないません。

めちゃくちゃおいしかったの!このチーズ♡甘めの醤油出しにわさび、ねっとりとした濃厚チーズがすっきりとした会津娘によく合います。

スポンサーリンク


気になったので食べたいと思っていたのですが、一件目の大統領でニンニクがっつり餃子を食べていたので諦めました。そして、SOBAL 310は餃子も有名でメニューには223のロゴが入っています。会津の河東に本店を持つ餃子房223 TSUTSUMI(つつみ)さんのものを出しているようです。

ニンニク、マジでヤバいから食べてみてください→名物かしら焼だけじゃない!【大統領】は酒が進む!

そしてもうひとつ、SOBAL 310に行ったら食べようと決めていたものがコレ!SOBAベビースターです!

メニューにもSOBAベビースター 300円と載っていますが、お通しで出てきました。よくパスタを揚げたものが出てきますが、こちらはソバを揚げたものです。

スポンサーリンク

これが、美味しい♡そばの香りがして、パリッとつまめちゃうので、こちらもおつまみにぴったりです!

お供がポテト大好きで、メニューにポテトの文字をみると「ポテト頼んでいい?」と聞いてきます。

好きなもの食べたらいいと思うけど、このタイミングでポテトなんだ…とわたしには違和感がありました。

しばらく飲み、肝心のおそばです!

スポンサーリンク

もりそばやかけそばの他にも、メニューが並びます。そこで、食べ比べをしようと全員違うものを頼むことになりました。

まず外せない、もりそば 700円、そして、鳥辛つけそば 1000円とカレー南蛮 1000円の3種類をオーダーします。

しばらく待つと、お蕎麦が運ばれてきます。まずはもりそばから!

ネギとわさびがメインになっとるやないかーい!なぜ肝心のそばが奥に…しかも、ボカシがかかって完全にいらんおしゃれ…

お次に、鳥辛つけめん!何故こうなるのか…

いや、ここは付け汁の方をアップにするやつ!普通に麺つゆに見えるし…何やってんだかねー。酔っ払いはこれだから参っちゃうねー。と、ひとりノリ突っ込みを永遠に続けることができそうです。

写真では分かりませんが、ほんとうは漬け汁の中に大粒の鶏肉とラー油がかかっていて、辛そうです。

そばはコシがあって、香りも高く本格的なお蕎麦屋さんの味がしました。夜中にこんなおいしいお蕎麦が食べられるなんて、嬉しすぎます。

スポンサーリンク

もりそばの汁につけて食べると、いくらでも食べれそうなくらいズルズルと入っていきます。鳥辛のつけ汁は、見た目通りラー油が効いていてそば×ラー油という新感覚でした!

お次にカレー南蛮です。シンプルに、ネギと鶏肉のみです。カレーの香りがいい♡

お蕎麦屋さんのカレー南蛮なんて、何年振りに食べただろうか…まずいわけがないですよね!飲んだ後に、和だしとカレーの組み合わせ汁…

カレーのスパイスを和だしがしっかりサポートして、胃に優しい感じがホッとしますよね♡ここで店員さんに話しかけてみます。

「何で、そばとバルを組み合わせてみようと思ったんですか?」と聞くと「うちの実家が、喜多方のそば屋なんですよ!」と、驚きの回答が出ました。

スポンサーリンク

場所を聞いたので後日、喜多方に行った際に探してみると発見しました!喜多方駅を背に右へ、一歩通行じゃない方の道へ進むと【そば膳 さとうや】というお店があります。

スポンサーリンク

今気付きましたが、SOBAL 310の数字はサトウだったのですね!そば×バル×佐藤と、おしゃれで素敵な名前ですね。そして、お蕎麦は二八蕎麦だそうです。

更に、「このカレー南蛮、クミンの匂いかな?すごく香りもよくておいしいです!カレーもご自分で作っているんですか?」と質問すると「いえ!SBのカレーです!」

と続いて驚きの回答が!というか、クミンの匂いとか言った恥ずかしいヤツ誰だよ!

しかし、酔っ払いは恥ずかしさを隠し切れず、黙っておけばいいものを更に押します。

「えっ!?これ、ほんとうにSBですか!?すごく香りもよくて、おいしい…」

「SBですよ!」

とたたみかけられました。この酔っ払いに言ってやりたい。

「いーから黙って、明日スーパーに行け!そしてSB買って気が済むまでクミン臭感じてろ!」と…

と、うるさい酔っ払いの相手もしてくれる優しいお兄さんと、おいしいおそばに満足して帰宅し翌日の二日酔いもなく、すっきり起き朝ご飯をがっつり食べました。

みなさんも、会津の飲み会で〆のそばはいかがでしょうか!?SOBAL 310おすすめですよ!

※このお店は閉店しました。

住所:福島県会津若松市上町1-36 マルコープラザ 2F

電話番号:0242-85-7574

営業時間:19:00~24:00(L.O 23:30)

定休日:木曜日・日曜日

参考:食べログ

SOBAL 310を食べログでみる

SOBAL 310をfacebookでみる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク