【赤れんが】の裏山散策コースで絶叫!猛ダッシュで山を駆け下りた話

ブログランキング

人気ブログランキング←押してもらえると嬉しいです!
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

取材で【赤れんが】の店主にお話を伺い、インタビューをしました。【赤れんが】インタビュー取材!クーポン有り!

赤れんがは『県外から来るお客さんに、のどかな自然も感じてってほしい。』裏山を散策コースとして無料開放しています。店主が沢山のメニューを出してくれたのでお腹もいっぱい。雨も上がり天気が良かったので、わたしも散策コースを散歩してみることに!

会津若松に住んでいますが、最近自然と触れ合うことがなかったな…と思いました。というか、食事に行く以外あまり外に出ないので、外の空気を一日中吸わなかった。ということも良くあります。

スポンサーリンク

さすがは山です。熊出没注意の看板が!まー、けっこう見る看板ですからね!?会津に住んでいたらこの位では驚きませんよ!

小さな神社がありました。

階段はコケがついていていい味出てました。上り下りだけで、ちょっと息切。普段座ってパソコンをいじっているだけなので、運動不足の不健康体です。山を登っていくとお花が咲いている場所や池などもあって自然に囲まれます。

スポンサーリンク

矢印の看板通り散歩道になっています。足場はそんなに悪くないので、けっこう歩きやすいです。

しかし、道はけっこう上まで続いてそうです。↓拡大写真

ね!?次の矢印までけっこう遠い。せっかくだし喜多方が一望できる最終地点を目指し歩いていると、キレイなお花が広がっていました。近くまでいって写真を撮ろうとカメラを用意。

すると…

ッガッサー!!!!!という葉の重なる音…

うわっ!(゚ロ゚;)なにっ(;゚ロ゚)!?

と見渡すと…ソコには…

(; ゚ ロ゚)ナン!( ; ロ゚)゚ デス!!( ; ロ)゚ ゚トー!!!

ヘビ・・・

 ぎゃーーーーーー!!!!!  ̄□\))))

三 ;゚ロ゚)┛猛ダッシュで山を駆け下ります!もうこの時の記憶はありません。涙ちょちょぎれ必死です!!!!!

息を切らしなんとか下まで降りる赤れんがの店主の姿が見えました…この瞬間、泣きそうになり『はじめてのおつかい』に出る子供がお母さんをみて泣く気持ちが分かりました。あの安堵感は経験してみないと分かりません。

スポンサーリンク

店主「どうしたの!?叫んでたからびっくりした!」

わたし「ヘビが出たんです(=◇=;)」

店主「あっ、うん…(‘_’)」

わたし「めちゃくちゃデカくて!!!!!ッガッサー!!!!!って!!!!!」

店主「・・・( ̄  ̄;)・・・でっかいのは大丈夫だよ!毒がないから!マムシとかちっちゃいのはさ…」

わたし「え!?マムシ出るんですか!?」

店主「・・・( ̄  ̄;)・・・あのね、水がキレイなところにはねマムシって居るの。」

わたし「そうなんですか…あっ!あの!熊、しょっちゅう出るんですか!?見たことありますか!?」

店主「・・・( ̄_ ̄ )・・・あるよ!昔はその辺で捕まえてたよ!」

わたし「えっ!?ここで捕まえてたんですか!?(゚ロ゚;)」

もうここまで来たら、店主は若干呆れていました。スマホをみると、カメラアプリのままでした。『ヘビの写真、撮っとけばよかった…』と、一瞬思いましたが、『いや、あの時のわたしに、そんな余裕も勇気もなかった。』と思いました。

熊の看板だって割とよく見るから見慣れていたけれど、そんなしょっちゅう出るなんて…ヘビでまだ良かったかもしれない…とブルブルです。

わたしは都会っ子でもなく、会津に生まれ育ちましたが、蛇はマジで無理です!!!!!いや、熊も無理ですが!毒があるとかないとかの問題じゃなくて、見ただけで絶叫です。てっぺんからの喜多方一望が楽しみでしたが、もう行かない!絶対に!!!!!という話でした。

今回赤れんがの裏山を途中まで登って必要だと思ったもの。

  • 歩きやすい靴
  • 虫よけスプレー
  • 熊よけの鈴
  • 勇気

以上です。赤れんがでラーメンの後、裏山散策に行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク