【会津べこの乳 アイス牧場】知ってる?!あのマークのあの子のストーリー…創始者の想いが込められた切ない話

ブログランキング

人気ブログランキング←押してもらえると嬉しいです!
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

会津で生まれ育った方は特に、昔から親しみのある【会津べこの乳】、牛乳やヨーグルト、べこの乳発コーヒー特急など、有名商品が頭に浮かびますよね。この慣れ親しんだ乳製品が作られている会津中央乳業工場と隣接の【会津べこの乳 アイス牧場】に行ってきました。

場所は会津坂下(ばんげ)!金上辰巳の名水が地下からこんこんと湧き出ています。けっこう冷たくて6月の気温には調度良い水温でした。

店内に入るとお土産も売っています。会津べこの乳のマークが入ったグッズです。

このロゴマーク、会津地元民なら誰でも知っていますよね。この子の名前は何ていうのだろう…とふと気になったので調べてみると、このロゴには会津べこの乳の創始者夫婦の切ないストーリーがありました。

第二次世界大戦終結によって引き裂かれた家族と、栄養失調で亡くなった我が子、マークに込められた気持ちに切なくなりました。それと同時に、こんな想いからできた牛乳で育ってきたんだな…と!是非、読んでみてください。

「あのとき牛乳があったなら…」「栄養があるものを食べさせることができていたなら…」と、子を思う親の切ない思いが込められていました。
「どこの子も健康で幸せに育ってほしい」という願いを込め、牛乳を飲んだ時の「あの子供の笑顔」をマークとして、ずっと「あの子」を大切にしてきました。

引用:会津中央乳業株式会社/女の子のストーリー

店内にはノートがあり、アイス牧場に訪れた人たちが利用できる自由帳の様なものになっています。ノートの中身は「美味しかった」という感想子供たちがあの子の絵を描いたページも多く、ストーリーを知った今、あの子のマークがこんなに長い年月に渡って愛されていることを嬉しく思いました。

アイスクリームのメニュー表です。どれにしようか悩んだので、ダブルで頼むことにしました。ダブルで400円は安いですね。

コーヒーとヨーグルト、ブルーベリーとべこの乳ソフトです。店内で食べることもできますが、せっかくなので外のベンチで食べました。

写りが悪くてすみません。撮り直しをしていると、溶けてきたので「もうコレでいーや!」と食べる方を優先しました。笑

コーヒーは濃厚ですがさっぱりとし、ヨーグルトはけっこう酸っぱめ。そしてべこの乳ソフトはめちゃくちゃ濃厚!すっごく美味しい♡しかし、ここで問題が!ソフトクリームの味が強すぎ、ブルーベリーの味が全くしないのです。

しばらく食べ続けると、ブルーベリーの味がしてくるのですが、ダブルで頼む場合は組み合わせを慎重に選んだ方が良さそうです。今回の場合は、コーヒーの上にべこの乳ソフト、ヨーグルトの上にブルーベリーが良かったと思います。

スポンサーリンク

次回は組み合わせを考えながら、ごまや抹茶も食べてみたいです。食後のデザートやお土産にも、是会津べこの乳 アイス牧場に行ってみてはいかがでしょうか。

住所:福島県河沼郡会津坂下町大字金上字辰巳19-1

電話:0242-83-2324

営業時間:10:00~17:00(12月~3月:11:00~16:00)

定休日:なし

駐車場:有

参考:会津

参考:会津中央乳業株式会社

会津べこの乳 アイス工場を食べログでみる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク