【食房もりなが】デカ盛りチャレンジ!「冷やし中華」越超盛(ミラクル盛4玉)に挑む

ブログランキング

人気ブログランキング←押してもらえると嬉しいです!
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

こちらからお読みください→デカ盛りメニューが揃う【食房もりなが】は消防団員に優しいお店♡

夏突入すぐ!夏バテ気味になっているときに【食房もりなが】に入り、出てきた定食が思わぬ大盛りで冷や冷やしたわたしですが、今期中に是非チャレンジしてみたいと思っていた食房もりながの具沢山の冷し中華!

並盛 麺1玉 700円
大盛 麺1.5玉 800円
特盛 麺2玉 850円
超盛(ギガモリ) 麺3玉 900円
越超盛(モラクルモリ) 麺4玉 1,000円

最大、麺4玉とは相当なデカ盛りビューが期待できます!しかも、並盛700円に対し4倍の量の越超盛(ミラクルモリ)が1,000円ってお得すぎる!『これは是非挑戦してみたい』と男性のお供を引き連れ再来し早速注文!

「越超盛(ミラクルモリ)ひとつください!」←注文をする前、けっこう恥ずかしかったのですが店員さんは「はい。越超盛(ミラクルモリ)ですね!」と意外と普通でした。けっこう頼むお客さんが多いのかな?家族や友達数人ときて、シェアすればすごくお得ですよね。

ついでに餃子も頼みました。先に来たのでつまみながら越超盛を待つことにします。

具がたっぷり入っていて、とても美味しかったです♡つまみながら待つつもりが、ぺろんと食べてしまい一瞬でお皿は空になってしまいました。これはヤバい状況です…お腹に少し食べ物を入れ時間を置いてしまうと、急激にお腹に入るキャパが狭くなってしまうのです。

『早く来ないかな…』と厨房を覗いてみると、男性が大きなザルを持ち一生懸命お湯を切っているようでした。それをみただけで麺4玉の迫力に圧倒されます。お供と2人で完食できるか、ヒヤヒヤしながらもワクワクしてきます。

運ばれてきた食房もりながの具沢山の冷し中華越超盛(ミラクルモリ)1,000円がこちら!どーん!!!!!

大きな丼ぶりに山のように盛られた麺、その上に様々な具で彩り豪華な見た目です!とにかく、どれだけの迫力か色んな角度からみて頂きたいと思います。コップの水と比較してみてください。

ちょっと寄ってみます。

お次はインスタ風に真上から撮影!

逆さからみるとこんな感じです!

なんとなく、量が伝わったでしょうか。冷やし中華のタレは店員さんに言えば追加でもらえるそうです。器によそい食べ始めようかと思うのですが、具沢山で麺をすくい上げるのに一苦労でした。

麺はラーメンの麺でしょう。

では頂きます。酸っぱすぎず優しい味のタレで、麺はツルツルもちっとしていてどんどん入っていきます。具沢山なのできゅうり、チャーシュー、紅ショウガなど味の変化を楽しみながら食べ進められるのは、4玉完食の大きな手助けをしてくれます。

どんどん食べ進め残り半分に差し掛かろうとする頃『コレ、けっこう余裕なんじゃないか…』と思い始めてきます。餃子から少し時間が空いてしまったものの、お腹は余裕がありまだまだ全然入りそう!

お供に「イケそうじゃない?チャーハン頼む?」と聞くと「イヤ、無理!」と返ってきました。

「えっ?マジ?」お供の弱気な発言を聞いた私は急に焦りが出ます。『わたしが食べ進めなければ、完食は難しいかもしれない…。目の前のお供(男)はいつ箸を置くか分からないのだから…。』

食べるペースを少し早め、流し込むように冷し中華を食べていると急に「ん…?」

箸も手もアゴも停止します…。

「飽きた…」

そうなんです!急に飽きが来る!急に来たのか、急に飽きていることに気付いたのかは分かりませんが、一度「飽きた…」と感じてから冷やし中華がなかなか入っていきません。お供に「飽きた…」と話すと、お供は「もうとっくにね!」と…

餃子を先に全て食べてしまったのがミス!むしろ最初からチャーハン頼んでおけばよかったかもしれません…わたしよりも食べるペースの早かったお供は、残り半分に差し掛かるころ既に飽きていたのでしょう。

やはり2人で麺4玉は少し厳しいかもしれません。しかし、ここで終わるわけにはいきません。器の底はもうすぐソコ!笑

お供とひと口ずつ食べ進めどうにか完食!

今回は餃子も食べましたが食房もりながの冷し中華越超盛(ミラクルモリ)麺4玉を2人で食べたら1,000円!ひとり500円!ワンコインですよ?安すぎます!会津の学生飯にぴったりのお店ですね♪

スポンサーリンク

食房もりながには、他にも盛りの良いメニューが揃っているのでみなさんも是非、食房もりながに行ってみてはいかがでしょうか!

食房もりながの住所など詳しくは→デカ盛りメニューが揃う【食房もりなが】は消防団員に優しいお店♡

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク